廃人はじめましたM

「リネージュM」を無・微課金でゆるく楽しむための情報発信中だよ

リネージュM:パーディダンジョン(オリム)ビギナーズガイド

オリムタイトル

パーティダンジョン(オリム)とは

LV45以上のキャラで、一日一回挑戦できるインスタンスダンジョン。
クリアするとアデナやコインなど、さまざまな報酬が手に入る。
4人パーティ専用だが、マッチング機能があるので一人でも参加可能だ。

ここでしか手に入らない「オリムの日記帳」からは「希少ランク以上の装備」か「祝福 / 呪われた強化の巻物」いずれかを100%入手可能。
これを装備強化の近道として利用しない手はない。
マッチング待ち時間を除けば、所要時間はわずか3分程度。
毎日挑戦していこう。

ここではパーティダンジョン初心者向けに、一番簡単な基本のモード「追従者たち」の進め方を紹介する。

パーティダンジョン挑戦までの手順

パーティダンジョンの挑戦には「祝福10」が必要になる。
また一人で参加するか、事前にメンバーを集めて参加するかで若干手順が変わる。

一人で参加しても大丈夫?

ルールを理解していれば問題ない。特にコミュニケーションの必要もナシ!
そもそも会話する暇はほぼ無いが…

LVが低いキャラでも大丈夫?

きちんとフルzelフルdaiの装備を用意できているなら、十分クリア可能。
参加時はとにかく「生き残る」ことを意識しよう。

パーティマッチングで挑む

いわゆる即席の「野良パーティ」で挑む方法。
一人で参加したい場合はこちら。

まずはメニューの「ダンジョン」から「パーティダンジョン」と進み、参加したいモードと難易度を選ぶ。

ここでは「追従者たち」の「一般」を選んだ前提で話を進める。

ダンジョン

PTダンジョン

追従者たち

モードと難易度を選び「パーティマッチング」をタップすると、祝福10が消費されマッチング待機状態になる。

「同じモードと難易度を選んだ人」が4人集まるとゲームスタートだ。
狩りをしながらのんびり待つもよし、全体チャットで呼びかけてみるのもいいだろう。

マッチング状況は画面上部のこのアイコンをタップすると確認可能。

PTアイコン

こちらは「実験」の難易度「地獄」で待機中の例。
自分の選んだモードと難易度が表示されている。
下の「マッチング取り消し」をタップすることでキャンセルも可能。
ただしキャンセルしても最初に消費した祝福は戻らないので注意だ。

マッチング待機

メンバーが集まったら

メンバー4人が集まったら10秒後にパーティダンジョンがスタート。
このとき全員がセーフティゾーンにいる必要がある。
セーフティにいなかった場合は確認窓が出るので、テレポートするか帰還の巻物を使うなどしよう。

あらかじめメンバーを集めて挑む

参加メンバーが4人確保できているならこちら。

まずはメンバー4人でパーティを組んでおこう。
続いてパーティリーダーのみが上記の手順でモードと難易度を選ぶ。
すると残りのメンバーに「パーティダンジョン」のアイコンが表示される。
これを1分以内にタップしよう。

PTアイコン

PTダンジョン参加

パーティダンジョン入場窓が出るので「確認」をタップ。
すると祝福10が消費され、入場待機状態になる。
全員が確認をタップすると、10秒後にパーティダンジョンが始まる。
ただしこちらもメンバー全員がセーフティゾーンにいる必要があるので注意。

「追従者たち」の進行手順

基本ルール

敵が一定時間ごとに出現するフィールド上で、時間切れまで生き残るのが目標。
一人でも生き残っていればクリア
となる。
制限時間は1分だが、最初の10秒は敵が出ないので実質50秒ほど。

また難易度や倒した敵の数、クリア時の人数に応じて「スコア」が付く。
ランキング上位に入ると特典もあるが、今はまだ気にする必要はないだろう。

立ち回りのコツ

基本は自動戦闘に任せておいてよい。
ただし一人で飛び出していくと、大量の敵に囲まれて死んでしまう可能性が高い。
キャラが一人歩きしていないか注意しつつ、危ないときは手動操作に切り替えよう。

サブキャラや低LVなど、火力・耐久に不安がある場合は、端に陣取るのがオススメ。
後述の特殊魔法や火薬樽もうまく活用していこう。

特殊魔法

パーティダンジョンでは、雑魚敵を一撃で倒せる特殊魔法が使える。
2つのクイックスロットの間に表示されている青いアイコンをタップしよう。

PTダンジョン魔法

ただし一度使うと再使用まで20秒かかる。
異様に固い敵や、囲まれてピンチの時に使うといいだろう。

船員の火薬樽

確率で出現。自動戦闘でターゲットできない。
破壊するとファイアストームが発動。3セル以内の敵味方問わずすべてのキャラ大ダメージ。

直接攻撃で破壊すると、もれなく自分も巻き込まれる。
周りに他のメンバーがいないのを確認し、遠距離から弓や魔法で破壊しよう。

オールディンのグレムリン

自動戦闘でターゲットできない特殊な敵。
一人で3体倒すと、ボーナススコアが少し貰える。

グレムリン

ただ基本的に何もしてこないので、無視で問題ない。

ボーナスモンスター「大王イカ」出現!

ごく低確率で「大王イカ」が出現することがある。

※この画像はPC版のものです。グラフィックは同じなので参考画像として。

LinC0003 copy

一発でも攻撃を当てると、討伐時に「オリムの日記帳」が手に入る。
出現したら必ず一度は攻撃しておこう。

ちなみに大王イカからの日記帳獲得時、レア獲得の全体チャットが流れる。
自分の名前を流したくない場合は、設定→通知を開き、左側の一番下にある「アイテム獲得のグローバルメッセージにキャラクター名を非表示」をオンにしよう。

死んじゃった…

他に誰か生き残っている場合は絶対に「リスタート」をタップしない!

PTダンジョンEND

死亡画面のまま待機しておけば、クリア時の報酬を受け取れる。
リスタートして先に外に出てしまうと、報酬は貰えない。

ちなみにデスペナルティは発生しない。安心しよう。

ボーナスステージ

4人全員が生き残った状態でクリアすると、ボーナスステージに進める。
出現する「オールディンの実験体」を全員で叩こう。
倒すと名誉コインが貰える。

ボーナス敵

更にオールディンの実験体は確率で変身することがある。
変身はバルタザールメルキオールセマカスパーの4段階。
段階が進むごとに貰えるコインの種類や数が増えていく。
運よく最後のカスパーを倒せた場合「粉々になった海賊船の地図」が入手可能だ。

ただし変身後の攻撃魔法はそれなりに痛い。
ここでやられてしまうとコインは貰えないので注意しよう。

99回プレイ報酬「祝福999」

パーティダンジョンに合計99回挑戦すると、祝福999を受け取れる。
つまり入場に使った祝福が実質チャラになるぞ。

99回特典

報酬アイテムの使い方

オリムの日記帳の欠片

16個集めることで「オリムの日記帳」製作に挑戦できる。
ただし製作は確率成功となる。恐らく成功率は半々程度。

オリム日記製作

オリムの日記帳

レアアイテムの入手に挑戦できる。
挑戦には「神秘の水晶」といくらかのアデナが必要。

神秘の水晶は「最高級素材いずれか5個」と「ハルパスの執念10個」で製作可能。

神秘の水晶

日記と水晶とアデナを用意したら、いよいよレアチャレンジ。
厳選用にアデナは300kほどあると安心。

まずは日記を使用すると、この画面になる。
ここで右の水晶をタップすると100アデナが支払われ、空欄に5つのアイテムが出現する。

オリムチャレンジ

オリムチャレンジ

「製作」を選ぶとアデナ100kを消費し、5つのアイテムのいずれかを入手できる。

オリム製作

アイテムの組み合わせが気に入らなければ「変更」で再抽選が可能。
再抽選の度に100アデナを消費する。

5つのアイテムは必ず「強化の巻物」「赤防具」「紫装備」「赤武器」「青装備」の組み合わせで出現。
装備類は自分のクラスで装備できないものも出るので注意。
強化の巻物はごく低確率で祝福・呪いも出る。

挑戦するなら入手困難な「祝福された強化の巻物」が出るまで粘りたい。

粉々になった海賊船の宝の地図

これと「ドラゴンのダイヤモンド10個」を材料に「海賊船の宝の地図」を製作できる。
ドラダイヤは「ショップ」経由で入手しよう。
製作やイベントで入手したものは使えないので注意だ。

「海賊船の地図」を使うと「地下海賊船」に移動。
ボス「オールディン」と一対一で戦える。
倒すと製作秘法書や強化の巻物など、さまざまなアイテムを入手できる。

オールディンは魔法攻撃を使ってくる。
またACもそれなりに高いため、命中とMRを重視した装備で挑もう。
よほど良い装備や変身がない限り、LV55程度はないと辛い。

おまけ:「実験」「罠」モードについて

いずれも「追従者たち」に追加ギミックが配置されたものになる。
そのため、基本のルールをよく理解してから挑むことを推奨。

実験

途中でアナウンスとともに「古代の魔法書箱」が出現。
箱を4つ開けるとバフがかかり、戦闘が有利になる。

ただし箱を開けられる制限時間が非常に短い。
全員で協力して素早く開ける必要がある。
もちろん全く開けずにクリアすることも可能だ。

自動戦闘に頼れないのが最大の特徴。

定期的に魔法陣が出現。
一定時間が経過すると、魔法陣上に大ダメージ魔法が発動する。
これをパッド操作で避けつつ戦闘しなければいけない。

 

以上がパーティダンジョンの基本だ。
報酬はキャラ強化に役立つものばかり。是非毎日こなしていきたい。

© NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.