廃人はじめましたM

「リネージュM」を無・微課金でゆるく楽しむための情報発信中だよ

PCリネとリネMの「微妙な」違いまとめ

「PC版リネ」と「リネージュM」の微妙に違う部分を色々とまとめてみる。
PC版は最新のJP仕様が比較対象。
何かあればどんどん追記予定。

初期のステータス&ポイントを振れるタイミング

PC版:キャラメイクと同時にポイント振り分け
リネージュM:キャラメイク時はポイント振りなし、特定のLVでポイント付与

振れるタイミングは騎士以外が4LV毎、騎士のみ5LV毎。
LV51以降は、PC版同様1LV毎に任意のステ+1が可能。
エリクサーで追加ステを得られる仕様も同じ。

初期ステータスも一部変更になっている。
詳しくは以下の表を参照。青字が増加、赤字が減少した部分。
ちなみに初期ステ+LV50までの追加ポイントの合計は全クラス同じ。

ステ振りLV

全体的にWIS・CHAが削られ、ステ振りの幅も広がっている。
WISが削られたのはMPRの仕様変更や、DEの場合「ブリングストーン」廃止も影響してるのかな?などと思ってみる。

LVUPの必要経験値

PC版:特定のLV区間で倍々ゲーム
リネージュM:1LV毎に必要経験値が増えていく

後付け感が強いPC版とは異なり、最初からLV90以降までを見越した導線になっている。
ただし終盤の上昇率は結構エグイ。

変身の種類と速度

種類

PC版:LVに応じたリストを選択可能
リネージュM:変身リストは「変身カード」収集で開放

変身カードは課金・アデナによるガチャシステム以外に、特定のLV達成でも貰える。
集めた変身リストは、同じサーバー内に作ったキャラ間で共有可能。
PC版で言うところの「MD合成」のようなシステムで、上位変身を狙う事もできる。

つまり今まで通りLVUPでもある程度リストの拡張が可能だが、
ガチャ・合成の運次第で、上位変身を先行入手したりもできる。

速度

PC版:選んだものに関係なくLVに応じた速度になる
リネージュM:それぞれの変身に、決まった速度が割り当てられている

PC版の旧システムと同じと考えればよい。

更にリネMでは、特定の変身に速度だけでなく能力ボーナスが付く。
この仕様は、PC版でも「もみじリング」や「87変身」等で今後導入される。

加速・触媒系アイテムの価格調整

クラス別の基本的な消耗品は、すべて店買い可能。
BPやワッフル、イビルブラッドといった加速系アイテムは価格が統一された。
触媒系アイテムも、消費個数に見合った重量・価格になっている。

ちなみにDEの「ダークストーン」精製も廃止。
最初からダークストーンなのでご安心を。

HPR・MPRの仕様

PC版:何もしていない状態が最速回復、移動・攻撃時は回復ペースが落ちる
リネージュM:行動の有無にかかわらず回復ペースは一定

ちなみに「メディテーション」は一定時間MPRを増加させる魔法に変更。
歩こうが何をしようが効果は切れない。

重量による制約がある部分は同じ。50%オーバーで自然回復しなくなる。

血盟受け入れ人数

PC版:CHA×5、上限は連合血盟で300名
リネージュM:CHA×2で固定、上限50人

PC版同様、CHA補正装備の効果も載る。
事前キャンペーンで入手できる「君主の威厳」がCHA+1。
というかCHA装備自体がこれぐらいしか存在しない。

つまりリネMで血盟主をやる場合、CHAは振っても24までが正解。
25以降は振る意味ナシ!

GP・GGPの重複使用

PC版:GP、GGPは使った分だけ残り時間チャージ、最大2時間ストック可能
リネージュM:GP、GGPは追加で使用すると残り時間が上書きされる

PC版の旧仕様と同じ。勘違いして飲みまくらないように!
使い忘れ防止には「自動更新」を使うべし。

アイテムドロップの仕様

PC版:インターサーバー以外では、一定範囲内のあらゆるドロップがオートルーティング
リネージュM:アデナのみオートルーティング、アイテムは全て床落ち

リネMでは、たとえ近接攻撃で倒した場合でもアイテムは全て床に落ちる。
落ちて一定時間は、敵を叩いていた人に取得優先権あり。
アデナのみ、遠距離で倒した場合でも自動で取得。

武器強化での追加命中

PC版:命中ボーナスは強化値/2
リネージュM:命中ボーナス=強化値

地味に上方修正。
+10から2ずつ増えるといった、追加ダメージの仕様は同じ。

満腹度の廃止

リネMでは「満腹度」がなくなった。
死亡時のアイテム消失率は、アラ値にのみ依存。

RESがかなり貴重に

リネMでは、基本的にその場でのRESは行えない。
一応君主魔法にRESはあるのだが、レアな上にコストが特殊なため、制約が非常に大きい。